親友が言うところのパパ活アプリを使えば、お金持ちのおじさんと知り合ってお小遣いを出してもらえる、そう言われてしまって私の心はざわめきました。
仕事が続かない私と親友だけど、デートだけだったらとっても簡単だから面倒に感じることがありません。
主に食事にお付き合いをするだけで、お小遣いが入ってくるっていうんですから。
しかもパパ活の相場額が1万円〜3万円、もっとたくさん出してくれる人までいるって言われちゃいました。
さらに複数のパパを作ることで、収入は増える一方になります。
アプリを使ってパパ活やるのって、私たち2人には必要なことに感じました。
「それでさ私があれこれ調べて見つけたのが、ハッピーメールとJメールとYYCなんだよ。公式アプリもあるし、利用者も多いし安全性が高いから、ここでお金くれる方を探して行こうよ!」
「うんうん、探したい!絶対に探したい!」
私もノリノリの状態でした。
すぐにでもアプリをダウンロードしようとしたところ、「ちょっと待って」と言われました。
「募集する時の注意があるのもわかったの」
「注意?何それ?お金くれるパトロンとかパパ募集って書けばいいんでしょ」
「ダメダメダメダメ、それがダメなの」
「なんで?」
「出会い系サイトて、お金の書き込み禁止みたい。垢BANされちゃうから別の書き方しないとダメ」
出会い系サイトはお金の書き込みにナーバスになっていて、投稿してしまうとアカウントが停止させられてしまうと言うのです。

「だからね、私たちの生活を応援してくれる紳士とご飯食べたい!って感じで書かないとね」
パパ活やるにも、ちょっとした工夫があるようです。
この話を聞いた後、彼女が見つけ出したハッピーメールとJメールとYYCのアプリをスマホにダウンロードしました。
帰宅してから本人確認のために必要な身分証明書も送信。
すぐに利用できる体制が整いました。

 

女性は完全無料定番アプリ男性だけ有料
パパ活アプリBEST5
パパ活の成功者に教わったアプリ