ハッピーメールとJメールとYYCの公式パパ活アプリで、お金くれるおじさん募集を始めました。
親友と2人で気軽なお小遣い稼ぎをするために、ワクワクドキドキしながら募集開始になりました。
「頑張って2人で、お金をもらう関係作ろうね!」
「うんうん!」
2人ともすでにパパ活に成功したような、そんな雰囲気を漂わせてしまっていました。

 

 毎日のように、アプリの掲示板に投稿を繰り返しました。
生活応援してくれる優しい紳士が現れるの待ちました。
「すぐに連絡が来なくても諦めちゃダメ!頑張って継続だよ!」なんてファミレスのドリンクバーでお互いを励まし合っていきました。

 

 Jメールの中でメール交換に成功したんです。
無茶苦茶ハイテンション状態になっている自分がいました。
相手の方は50代です。
LINE交換して、条件交渉に入りました。
「とりあえず、一度会ってみない?お小遣い出すから」
話し合いの中で、セックスなしは確実だと言ってくれました。
しかも、お小遣いを3万円出すっていうんです。
かなりの金額です。
1回の食事で3万円、もし契約してもらったら月に10万以上になるんじゃないかなんて、想像してしまっていました。
写メ交換し、待ち合わせして食事になりました。

 

 かなり気さくな雰囲気のおじさんで、肩に力が入らなくて良かったなって思うんです。
建設会社を経営しているっていう人で、かなり豪快なところもありました。
「こんな若い女の子と、食事できるなんて最高の気分だよ」と御機嫌なんです。
美味しい食事食べさせてもらっちゃって大満足、しかも「週に1回ぐらい会ってみない?」と継続のお話まで出してくれちゃいました。
大きくうなずいて「会いたいです!」なんて言っちゃいました。

 

女性は完全無料定番アプリ男性だけ有料
パパ活アプリBEST5
パパ活の成功者に教わったアプリ